スポンサーサイト

музыка

музыка

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted byмузыка

母の命日に

музыка

музыка

昨日は久しぶりにデュオ・マトリョーシカで連弾で演奏してきました!
高槻現代劇場が毎年3月末に2日間に渡って開催している「ピアノリレーコンサート」。
さっきプログラムを見て数えたら、ソロ・連弾合わせて約140組が出演。
すごい人数やなぁ。

リハなしのぶっつけ本番なので、今回演奏したグリーグのホルベルク組曲の1曲目のプレリュードの連打が入るかどうか、直前まで不安で不安で。
でも、実際に弾き始めると、そういうのって吹っ飛びますね。
大好きなホールで、大好きな友人と、大好きな曲を弾く。
その幸せの方がはるかに大きかったです。

間の取り方、呼吸の仕方、繰り返し前後での弾き方をどう変えるか、等、細かく決めすぎるとライヴ感が薄れて面白みがなくなるので、アイデアは合わせの際に相談しつつ、どの順でどのアイデアを繰り出すかはその場次第。
いつもと弾き方が変わった部分も多々あったけれど、音で会話できるようになってきたのは、結成7年になるからでしょうか。


私たちがデュオを組み始めたのが7年前の今頃。
私の母はその年の2月に余命宣告を受けてホスピスへ入り、その後容態が安定した時に一時帰宅をしたりして、私としては家族のことと仕事との両立でてんてこ舞いの時期でした。
そんな中で、ソロでの演奏会のお話をいただいたものの、45分プログラムを1〜2ヶ月で準備期間するのは到底無理な状況。
で、大学時代からの友人に声をかけて、連弾することにしました。
それが、デュオ・マトリョーシカ結成のきっかけ♪

そして、4月末に初めての演奏会を終え、母とお別れする日にその録音を聞いてもらい、母は5月19日に亡くなりました。
亡くなって数年間は、命日近くに大好きなカフェで演奏会をしていたのですが、ここ数年はひっそりと過ごしていました。
で、今年のカレンダーを見たら、命日が土曜日!
週末に当たることはなかなかないので、
「久しぶりに母のために演奏会をしよう!」
と思い立ちました。
今回は、初めての試みとして、自宅リビングでの演奏会です。

母を知る方も、そうでない方も、新緑の頃のひとときを音楽を聴きながら過ごしに来ていただけると嬉しいです。
毎年大抵この時期に、母が大切に育てていたフューシャピンクの薔薇が満開になります。
なので、「薔薇の香りに誘われて」です。
去年は私が初めて剪定したので、今年はご機嫌を損ねて咲いてくれなかったりして・・・(汗)


薔薇の香りに誘われて

5/19(土)
14:30開演(14:00開場)

薔薇の香りに誘われて
〜デュオ・マトリョーシカ ホームコンサート〜


グリーグ:ホルベルク組曲 Op.40
メンデルスゾーン:デュエット Op.92
ローゼンブラット:
 2つのロシアの主題によるコンチェルティーノ 他

吉久 夏子 & 古園 恭美(デュオ・マトリョーシカ)

一般 2,000円 / 中学生以下 1,500円
(要予約・先着30名様・小学生より入場可)

高槻市 吉久宅にて
(ご予約いただいた方に後程行き方・場所等をお伝えします。ご予約・お問い合わせは、このブログのメールフォームからも可能です)
Posted byмузыка

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。