スポンサーサイト

музыка

музыка

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted byмузыка

泣いても笑っても・・・

музыка

музыка

あと2日!
「何が?」
って、発表会まで、です。

これまで大学の同級生達と合同発表会をしていたのですが、今年は初の単独発表会。

生徒さんひとり一人に、時間的な制約を考えずに「今弾きたい曲♪」を選んでもらう。
記念品は一人ずつ違うものを、独断と偏見により私がセレクト。
発表会後のミニコンサートとして、以前伴奏していた大学の混声合唱団に来てもらう。
と、私がしたかったことてんこ盛り!
欲張りすぎたかなぁ・・・(笑)?

私が自宅で教えている生徒さんって、そんなにたくさんではないのです。
隅々まで目が届く人数。
でも、いろんな年齢層の子がいて、お互いがお互いに影響を与えられる人数。
高校生や大人の生徒さんがもっと増えると嬉しいけれど、それ以外はめっちゃ理想的です!

にもかかわらず、この1週間ほど、追加レッスンに次ぐ追加レッスン、アンサンブルに来てもらうヴァイオリニストとの合わせ、数人ずつ予定を合わせての弾き合い会、と、
「私こんなに生徒多かったっけ???」
と勘違いしてしまうほどの怒涛のレッスン。
あまりに忙しすぎて、一昨日夜中にうなされて大声で叫んで目が覚めました(汗)

歳を重ねると、虫歯になっても痛みを感じないといいますが、私も自分のキャパオーバーを感じられていなかった模様。
あの叫びっぷりはちとヤバかったので、昨日は半日何もせずゆっくり台風をやり過ごしました。
あたかも存在しなかったかのようにぐうたら過ごす時間って大事(笑)

今週に入って、一人、また一人、と最後のレッスンを終えてゆき、私の手を離れて行って。
あとは、当日本人がどう演奏するかにお任せです。
120%なんの心配もない生徒なんて一人もいません。
でも、まだできてへんとこは伸びしろ!
ここは未練なく子離れならぬ生徒離れをせねば、なところですな。

8月11日(金)の山の日、14:15開場14:30開演。
JR高槻駅前のサロン・ド・ショパンにて。
(メサベルテというパン屋さんの上です)
お客さまは一人でも多い方がいいので、もしお時間ある方はフラッとお立ち寄りいただけると嬉しいです。
先日伴奏者としてお手伝いをさせていただいたお教室の発表会。
全体的にはかなりの人数の生徒さんがいるのに、オーナーさんが舞台袖で全てを見守っておられて、
「上手くなったねぇ」
「去年よりずっと良かったよ」
と、きめ細やかなお声がけ。
自分が教えている楽器と全然違う楽器の生徒さんやのに、よくそんなに細やかな感想言えるよなぁ、とびっくりでした。
先生方も和気藹々とした雰囲気で、すごく居心地よくて。

どんな会場で発表会を開くか?
ピアノの選定や調律はきちんとしているか?

そんな何気ないことに、教室の方向性が現れるなぁ、と身が引き締まる思いでした。
私は、楽器の良さ、よく響くかどうかを優先して会場選びをしたつもり。
私の方向性、生徒さん方にきちんと伝わるといいなぁ。


Posted byмузыка

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。