チェンバロその後

Posted by музыка on 25.2017 日々徒然   0 comments   0 trackback
我が家にチェンバロがやって来て数週間が経ちました。
レッスンの度に、
「今週頑張って練習してきたら、来週めっちゃええもん見せたげるね!」
「だから、曲もドリルもすぐに合格してマルつけられるように頑張ってくるんやで!」
と送り出し。

指切りげんまんしたにもかかわらず、完全にそんなこと忘れてた子もいたり。
でも、私がチェンバロに触ってもらいたい欲求の方が遥かに強くて、結局みんなに弾いてもらっています(笑)
ダメ先生だな・・・。

チェンバロのことは一言も伝えていないので、みんな、私が見せたいものが何かは全く知りません。
ドキドキしながらレッスン室に入って、まず「うわぁ〜!先生が見せたかったものってこれ?」
とビックリしてくれるのが、コレ↓

指人形干支

指人形

この指人形は、叔母がお孫さんが遊びに来た時のために作ったもの。
完全オリジナルです。
「孫が大きくなった今、捨てようか迷っている」
と、とんでもなくモッタイナイことを言うので、
「レッスンで使うから、どうか譲ってください!」
とお願いして先週もらってきました。
習いたてで「どの指がどの指やら?」なちびっ子レッスンに思いっきり活用していくつもりです!

これももちろん見せたいものではありますが、本命のチェンバロはリビングにあるんだな(笑)
ちょっと急ぎ足でいつものレッスンをし、
「んじゃ、見せたげよう!」
とリビングへ。

私としては、まず目に飛び込んでくるのはチェンバロなのですが、小学生には、チェンバロよりも先に私が育てている豆苗が目に飛び込んでくるらしい。
再び、「先生が見せたかったものって、これ?」
という質問が・・・。
こんなこと訊かれるやなんて全く予想していなかったのですが、数人に訊かれたので、小学生の感覚ってこんな感じなんですね、きっと。
私は確かに食い意地張ってますが、生徒に豆苗見せる程ではないですよ(笑)

そしてやっと、みんなの意識がチェンバロへ。
みんな、ちょっと変わったピアノだなぁ、という感じで近寄っていくのですが、実際に鍵盤に触れて音を出してみた時のビックリした顔!
こんなに可愛い表情を独り占めできちゃうやなんて、最高の役得です。

生徒たちが現代ピアノより半音低いチェンバロを弾いているのを聞いていて、絶対音感についてすごく不思議な体験をしたので、そのことはまた今度書きたいと思います!




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://natsukoyoshihisa.blog109.fc2.com/tb.php/234-457d6134

Contact〜お問い合わせ

♪お問い合わせはこちらからどうぞ♪

Search This Blog

Archive

Counter