Baroque Dance

музыка

музыка

ようやく今年の高校の年間スケジュールをもらい、授業の振替等の細かな予定がわかりました。
幸いなことに、以前から受けてみたいと思っていたバロックダンスの講座と全然日が被らなかったので、即予約して早速体験レッスンへ!
1時間半のレッスンの中で、ストレッチをして、レベランスの練習をして、シチリアーノの最初の16小節のステップを覚えて、脳みそパンク(笑)
周りは経験者ばかりな中で「ひょえぇぇ~~!」なことばかり。

でも、何よりもダンスという面からバロック音楽にアプローチできるようになりたいので、レッスン後すぐに入会してきました!
私、ものすごく優柔不断な性格やのに、決断する時は速かった(笑)
自分が弾く上でも、生徒に教える上でも欠かせない自己投資です。
ストレッチの仕方ひとつ取っても、ピアノのレッスンに反映できそうなことがいろいろあり、早速レッスンで生徒さんに還元!

なんせ、バロック音楽って、弾いていてすごい迷うことばかり。
不正解はあっても正解がわからん、みたいな。
でも、その後に続く全ての時代の基礎となるものなので、アプローチの引き出しは1つでも多い方がいいし、西洋音楽って絶対ダンスとの結びつきがめちゃ濃いと思うのです。
一拍目の重みはかかとを踏み出す重みだよ、きっと!

これから半年かけて、月2回のペースでシチリアーノとフォリアスという2つのダンスをするそう。
シチリアーノは弾いたことあるけれど、「フォリアスってなんぞや?」状態なので、余計に楽しみです。
目指せ、踊れるピアノの先生!
レッスンしながらいろんなダンスのステップを踏んで踊ってみせられる先生になるのが目標です。

なのになのに、家でステップの練習をしたいのに、レッスンでやったこと、もう頭から抜けちゃった…。
おまけに舞踏譜読めないから復習できない…。
8小節ずつならある程度覚えられるのに、繋げると全然ダメ。
それに、8分の6拍子って難しい…。

これって、ピアノのレッスンでの生徒さん達の悩みとそっくりだ(笑)
私が悩みの解決策を発見できたら、きっと生徒さん達の練習の助けにもなるかも!

これ、舞踏譜です↓
脳みそひん曲がりそうでしょ(笑)?
舞踏譜

リサイタルプログラムを暗譜している我々ピアニストもなかなかすごいと思うけれど、ステップを覚えるのにたった8小節でもギブアップな私には、タイトルロールを踊るバレリーナは、神に見えます!




先生曰く、私達が「ダンス」と聞いてパッと思い浮かべるような、男性が女性をリードするダンスはもっと後世のもの。
バロックダンスでは、男性役と女性役でペアになって左右対称の踊りをするのが基本やそう。
今回私は右側の女性役を踊らせてもらったのですが、何度やっても、男性役と手を繋ぐ部分がうまくいかない・・・。
というのも、私、手を繋ぐ時に下から手を出して相手の手を受けようとしてしまうから。
女性は男性の手の上に重ねなければいけないのに〜。
自分自身の女性度の低さに、今更ながらガックシです(笑)


Posted byмузыка

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply