ププッ!

музыка

музыка

最近ププッと笑ってしまうことがいくつかありました。
なので、独り占めしないでおすそ分け(笑)


その1:
朝イチからの合わせ中、昼過ぎになるとあまりの空腹に目の前が霞み始めた私。
我慢できなくなって、弾いてる最中に
「お腹すいた〜。お昼ご飯食べに行きましょ〜!」
と直訴すると、
「そんなこと言いそうにない人やのに〜」
「意外〜!」
と。

いやいや、私、自慢できるほどめちゃ食いしん坊やし。
私にとっては空腹は最大の敵というのは周知の事実やのに、まさか一生のうちにそんなこと言われる日が来るとは!
仲良しの友人達に言ったら、絶対笑われるわ・・・。


その2:
最近雨が多くて犬の散歩に困ります。
数日前、合わせと出張レッスンとで朝から晩まで家を留守にしなければいけない日があり、出かける前に大雨の中をわんこのトイレのためお散歩。
ダッシュで帰ってきて、わんこの足を拭き、玄関にあらかじめ置いといた鞄を引っ掴み、朝9時前のバスに飛び乗りました。

レッスンが終わって帰宅したのが20時。
玄関のドアを開けると、首に散歩用リードを着けたまま、大激怒しているわんこが!

バタバタし過ぎて、散歩の後に外すのを忘れていたみたい・・・。
ほぼ11時間、リードを着けっ放しで孤独に耐えてたのね、と思うと不憫ではあるけれど、その姿を想像すると、ちょっとウケました。


その3:
ウチは、玄関に母の遺影を飾って骨壺を置いているスペースがあります。
普段はわんこが怖くて慌てて玄関を通り過ぎる生徒ちゃん達が、たまたまその日は父がわんこと散歩に行った後に玄関を通り、そこに遺影があることに気づきました。

生徒「この写真は誰なん?」
私「私のお母さんやで」
生徒「なんでここに写真飾ってるん?」
私「お母さん死んじゃったから」
生徒「じゃ、お墓に入ってるんや」
私「ううん、ここに骨置いてあるんやで(と、骨壺を指差す)」
生徒「ねぇ、先生!蓋を開けたら、先生のお母さんがぐう〜んと出てくるん?」

いやいやいや、これアラジンのランプやないから(笑)
そりゃ、たとえ一瞬でも、開けてお母さんが出てきてくれたらめっちゃ嬉しいけど。
子どもの発想って自由やわ〜。



今日の演奏会のご案内です。
私は管楽器と弾くことはあまりないのですが、今回はかなりガッツリプログラム。
弦楽器と弾く時とはタッチや音量、必要とされる音、バランス等、いろんなことが違うので、難しいけれどとても新鮮な体験。
今回は、超忙しかったり風邪をひいたりで、なかなかお知らせができなかったため、チケットはまだまだあります。
もし、「今日はどこへ出かけようかなぁ?」と思っている方は、来ていただけると嬉しいです。
来ていただける場合は、ブログのお問い合わせフォームからでも、直接私にメールでも構いませんので、ご連絡くださいね。

ゲミュートリッヒアンサンブル
Posted byмузыка

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply