母の思い出に

Posted by музыка on 21.2012 コンサート   2 comments   0 trackback
みなさん、金環日食はご覧になりましたか?
私は、まさか自分が本番翌日の朝7時半に起きれるとは思ってなかったので、日食グラス買ってなかったのですが、なぜか6時過ぎに目が覚めてしまい・・・。
頑張って木漏れ日に目を凝らしてみても、なんだかイマイチよくわからん間に日食終了、です。
残念!

でも、早起きしたおかげで、朝からわんこと窓辺でひなたぼっこしたり、庭の草抜きをしたり、お茶をた~っぷり飲みながらメールを書いたり、とほんわか穏やかな朝を過ごせました。
こんな気持ち、久しぶり。
演奏会の緊張感がないと人生物足りないと思いますが、こういうほわんとした時間もなきゃですね。


昨日は歌笛堂さんでの演奏会「Nostalgie~母の思い出に」にたくさんのお客さまが来てくださいました。
本当にありがとうございました!

母の命日は5月19日。
しばらく前からご近所さんがお花を持って来てくださったり、命日当日にはいろんな所からお花が届いたり、メールをいただいたり。
「あぁ、あれから一年経ったんやなぁ」
と思うと、不思議な気持ちです。

去年の今頃の私の記憶がはっきりしてるのが、5月13日から。
そこからお葬式までのことは、この一年、何度も何度も反芻するように思い出してきました。
でもやっぱり、一年経って同じ日に噛みしめるように思い出すのはそれとは全く違う。
「去年の今日はこうしてた」と思い出しつつ過ごした命日までの日々は、なんだか一歩ずつ死に近づく過程を再体験しているようで、結構辛かった。
一周忌を何事もなく過ごしたくなくて、ちゃんと自分の中でひとくぎりつけたくて企画した今回の演奏会でしたが、最後の数日は、ほんと、こんな計画立てなきゃよかった~、何度も思いました。

でも、母を知る方々も集まってくださって、温かい空気の中で演奏していると、
「やっぱり今日にしてよかったんやわ」と。
チャイコフスキーの四季を全12曲弾き、アンコールはショパンのワルツ3番、a-moll。
私が生まれてきた時に病院でかかっていた曲で、今回はこれ以外のアンコールは考えられませんでした。
でも、弾き終わって裏にはけたら、友人が大泣きしながら来てくれて、びっくり。
他にも何人か泣いておられた方がいるらしい・・・。
私、泣かせるつもりはなかったのに。
ごめんなさい。

ソロで本番の舞台に立つということは本当に厳しく、これってきっと経験してみないとわからないタイプの孤独感。
舞台に出れば自分独り、誰も助けてくれない。
その厳しさに慣れなきゃ、とずっと思ってきました。
もちろん、そうなのですが、今回わかったのは、亡くなった人となら舞台の上でも一緒にいれるんや、ということ。
アンコールを弾いている間は、限りなく母と近かったです。
こんな風に感じられたのは、きっと歌笛堂さんという場所のおかげかな。

四季を全曲弾いたのは今回が初めてで、普段だとあり得ないような想定外のハプニングもあったり、とこれからまだまだ練り上げるべきことが満載ですが、チャイコフスキーにピッタリの音色を持つ楽器で、お客さんの息遣いまで聞こえそうな空間で演奏できて、本当によかった!
今回は、お客さんのためというよりは、私自身のためにどうしてもしたかった演奏会。
課題はいっぱいではありますが、自分の中で、この一年分の思いを昇華できたような気がしています。

来てくださったお客さま、歌笛堂の店長さま、お手伝いに来てくださった方々、そして普段から支えてくれている人たちに、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いいたします!




温かいメッセージをありがとうございます!
読んでいて、「あっ、そうだ、あの時は春らしい服を着たいと言って、桜ピンクのワンピースにしたんやった!」と思い出しました。
一度だけなのに、店主さまに覚えていただけてて、母の喜ぶ姿が目に浮かぶようです。

こうして、母の記憶や指紋が(笑)自宅以外のいろんなところに残っているっていうのは、すごい嬉しいですね。
今回、大切にしたい思い出がまたひとつ増えました。
本当にありがとうございました!
2012.05.22 12:02 | URL | #L9cprX.c [edit]
演奏会おめでとうございました。

私が店主でなかったら、一お客として、一ファンとして聴きたかったです。
そして皆さんと同じように泣いてたと思います。
(あの私好みなショパンは絶対に泣かずにいられません)
素晴らしかったよ、なっちゃん。

去年の四月のはじめに、後にも先にも一度きりお目にかかったお母様、
薄ピンクのお洋服で、凛として、何て透明感のある、美しい人だろうと思ったのを
昨日のことのように覚えています。
お菓子を全部食べられないから持って帰りたいとおっしゃってくださったことも(笑)。

準備しながら、この座布団のなかにお母様が座られたのが一つあるんだな、とか
お母様が掴まられたところに指紋がひとつくらいきっと残ってるな、とか
(それって丸~くしかお掃除してないってことやね、笑)
一度しかお目にかかってないのに、なんでこんなに私が感傷的になるのか
とっても不思議でした。
きっと、準備段階からお母様がいらして、場を整えていらしたに違いありません。

こんなに大切な大切な会にうちを選んでくださって
ほんとうにありがとう。
歌笛堂を作ってほんとうに良かった。
これからもどうぞよろしくね。




2012.05.21 22:57 | URL | 歌笛堂 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://natsukoyoshihisa.blog109.fc2.com/tb.php/156-188cdd10

Contact〜お問い合わせ

♪お問い合わせはこちらからどうぞ♪

Search This Blog

Archive

Counter