スポンサーサイト

музыка

музыка

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted byмузыка

高槻市さ~ん!

музыка

музыка

昨日は地元の音楽家協会のサロンコンサートのお手伝いに行ってきました。
このコンサート、高槻市が場所を提供し、出演するのも聴きに来るのもタダ、裏方でお手伝いしてくださっている音楽家協会の方々もボランティア、といろんな人に支えられて成り立っているもので、自分が演奏した次の回のお手伝いをすることになっています。
私は先月出演だったので、今月はピアノ移動のお手伝い。
プログラムに合わせて蓋を開けたり譜面台を出し入れしたりするために、袖の部分で待機してました。

弾かせてもらっていてこんなことを言うのもなんですが、なんせこの会場のピアノ、最悪!!!です。
ハコに対してのピアノのサイズが小さすぎるということと、ピアノの寿命が尽きかけていることとで、いくら調律してもだめみたい。
とにかく弾きにくいんです。
音色が変わらないくらいなら、
「まぁ、楽器が古いもんねぇ」
くらいで諦めるのですが、鍵盤に触れても音が鳴らないってどういうことや!?
楽器が自分の思うように反応しないので、弾きながら自分の顔が蒼ざめていくのがわかる、というか・・・。

昨日のプログラムは、最初が邦楽(地唄)、その後ピアノソロが2人、最後が歌。
ピアノの方達は、最初は堂々と舞台に出ていかれるのですが、舞台袖から弾いている後姿を見ていると、だんだんオーラが消えてゆく・・・。
「弾きにくすぎてビックリしてはるんやろうな」
となんだか先月の自分を見ているようで、ドキドキしました。
高槻市さん、私たちのためにどうかどうかもう少し大きくていいピアノを買ってくださ~い!


あと、いつもこのサロンコンサートで気になるのは、客席の雑音。
子供が泣いても親が連れて出なかったり、連れ出しても演奏中に戻ってきたり、携帯が鳴ったり、喋っていたり。
昨日は、ビニール袋をガサゴソしている音が1分近くしていました。
「いろんな人に生の音楽を楽しんでほしい」
というのがこのコンサートの主旨であり、弾く側としても、自分の知り合いでないたくさんのお客さまに聴いていただけるというのは本当にありがたいことです。
ただ、聴く方は無料で気軽に入れても、弾く方は長い時間をかけて練習し、いろいろ考えて曲を形にし、気合いを入れて本番に臨んでいる。
このサロンコンサートは、そのギャップがすごく大きいというのをいつも感じます。

私は、自分自身が弾く時は気持ちよく弾きたいし、裏方をしている時は出演者の方々に気持ちよく弾いてもらいたい。
客席で聴く時は音楽に集中して気持ちよく聴きたい。

こんなこと言うから、クラシックってお堅いと思われるのかしらん?


Posted byмузыка

Comments - 4

There are no comments yet.
♪  
たっちょさま

今月はわかりませんが、先月もその前も、松尾楽器の調律師さんが入ってたそうです。
今年は暑すぎて楽器が悲鳴をあげてるんかなぁとも思ってたけれど、調律師さんの腕もあったんですね・・・。
調律師さん、替えられないのかしら?

定演も、去年五月蝿かったですねぇ。
最前列で喋られるのは、ホント苦手です。
「自分を表現する」というより、「一人でも多く音楽に興味を持つ子どもを育てる」という風に、発想転換しなきゃいけないのかもしれません。

2010/09/28 (Tue) 00:47 | EDIT | REPLY |   
たっちょ  
タイトル

御世話になってます。たかおんのTです。

耳が痛い話ですねえ(笑)。
気軽=静かにしなくてもいい、それってローカル地域の演奏会はどれでも、
現代劇場中ホールでも気楽と捉えられている気がします。残念だけどね。
サロンは回数が多いから、いつもスタッフ集めには苦労してはるみたいだし
私もなかなか行けないから監視しましょうとも言いづらかったり。

それから調律、ごく最近したのかな?してないんじゃ・・・。
6月にうちの発表会で使ったとき、調律師は毎回苦労しつつも
よく鳴るようにしてくれますが・・・私のレベルとは違うでしょうけど、
それでもやっぱり全然よくなりますよ。
うちの調律師は、「前回の調律師、何にもしてない」ってよくこぼしています。

2010/09/27 (Mon) 22:58 | EDIT | REPLY |   
♪  
時本さなえさま

裏方の人数も限られてるから、いろいろ難しいね。
自分が演奏している時って、客席の反応を空気を感じて推測してるやんか。
ああいうざわつきがあると、自分の演奏はそこまで酷いんか、って演奏中に落ち込んでまうわ。
気軽に楽しめるコンサート=静かにしなくてもいい、ではないのにね。

このテンプレート、楽しいやろ?
私自身は大したことしてないのに、テンプレートがちょっとひねってくれてるおかげで、「これどないなってるん?」って思わへん?

2010/09/27 (Mon) 12:18 | EDIT | REPLY |   
時本さなえ  
タイトル

ブログリニューアルおめでとう!
ずいぶん前の、ベートーベンの時やったかなあ。気合充分で弾いたけど、来てくれた生徒が、やたらお客様の雑音が、とかばっかり言ってて、「で、演奏はどないやったんかな。。」って悲しくなったことがあったの。で、先月私も裏方しててなるほどなって分かったわ(泣)
あんな環境なのに、演奏者側がだれずに挑んでるのが奇跡やわ。。
やっぱり受付担当者の一人が開演後は客席後ろに控えて、監視しなアカンかも。。

2010/09/27 (Mon) 11:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。