スレスレ

Posted by музыка on 14.2017 日々徒然   0 comments   0 trackback
もう10年以上前、真冬のモスクワで、ある漫画と出会いました。
それは、浦沢直樹さんの「20世紀少年」。
朝10時に陽が昇り、15時には陽が沈む。
快晴でも一日たった5時間という気が滅入る短い日照時間。
寮の気が狂いそうになるような厳しい環境の中で読んだ新興宗教の不気味さは、ものすごいリアリティがあって、怖くて眠れなくなるほどでした。
同じ寮に住む日本人の先輩から借りて読んだのですが、当時はまだ完結しておらず、読めたのは前半くらいかな?

その数年後、私は仕事で4ヶ月だけ上海に住んでいました。
その時に知り合って仲良くなった人が漫画オタクで、私が竹宮恵子さんの「風と木の詩」が大好きだと言ったことで意気投合!
私が帰国する時に、「私だけのための」オススメ漫画をいくつもピックアップしてくれました。
その中から最初に読んだのが吉田秋生さんの「BANANA FISH」、その後に読んだのが、浦沢直樹さんの「MONSTER」。

どちらもめちゃめちゃ面白くて、浦沢直樹さんつながりで「マスター・キートン」にハマり、その後「20世紀少年」を買い揃えました。
あ、そういえば「YAWARA」も「パイナップルARMY」も読んだ(笑)
何かのインタビューで浦沢直樹さんが、
「自分が描きたいものだけを描いても売れない。売れなければ職業として成立しないので、メジャーな要素と自分が本当に描きたいものの間スレスレを模索している」
みたいなことをおっしゃっていたのがすごく印象に残っています。

私にとっては、メジャー要素の強いYAWARAはあんまり好きになれず、マイナー要素の強いマスター・キートンは大好き!
うまいこと間をとったMONSTERにゾクゾクし、20世紀少年は後半にメジャー要素が強くなってしまった時点で興味が失せて手放しました。
(興味のない人には全然わからない話でごめんなさい・・・)

こういうスレスレの感覚ってすごく好きなのですが、最近久しぶりに似たようなワクワクを感じた出来事が!

先月頭、ある生徒くんに、
「次は何の曲が弾きたい?」
と尋ねたら、
「『君の名は』の曲か星野源の『恋』」
という答えが返ってきまして、普段テレビをつけない私にとっては、
「星野源って誰やねん???」
状態だったのですが、その日のうちにネットで検索して逃げ恥に激ハマリ(笑)
本番前やというのに9話くらいまで夜中にイッキに動画を見て、ドラマの残りは久しぶりにテレビをつけてリアルタイムで観ました。

曲も、Jポップ嫌いの私が「この音型好きやわぁ」と楽しめちゃう要素がいっぱいで、昔のバンドの曲とかをYouTubeで聴いてCD買おうか迷う←年末あたりからの私。
ラジオのバックナンバーを聴いて爆笑しながら編み物する←お正月三が日の私
過去の映画やドラマやコントをぼちぼち検索しては見る←今ココ
な状態です(笑)

昔の演技を見たり、初期のラジオとか曲を聴いていると、星野源さんのホントにやりたいことは多分マイナー路線なんやろうと思います。
で、私は多分このマイナーな冴えない感じが好き。
でも、今はメジャー路線に傾いていて、だけどめっちゃ楽しくて、面白い。
ここからきっと、その間をバランスを取りながら進んでいきはるんやろうなぁ、と思うと、なんかすごいワクワクドキドキします。

それに、これまで全く興味が無かった分、聴き始めると楽器同士と絡みとかの面白さが聞こえてくる!
同じフレーズでも、細部をちょこっとずつ変えるところはショパンとかブラームスと一緒だ〜、とか。
ポップスって弾き語り以外は全部アンサンブルですが、こだわりどころはどこなんでしょうね???
クラシックとの違いに、なんだか興味津々。

私は放っておくと世間の流行り廃りには疎いけれど、生徒さんたちのおかげでいろんな刺激をもらってそこから世界が広がってる感じです。
ホント、楽しい!

でもね・・・

ナゼ私の興味は所謂オタクっぽい方向にしか向かないのか???(笑)
遺伝か?
血筋か?
謎です(笑)


一歩一歩

Posted by музыка on 02.2017 日々徒然   0 comments   0 trackback
あけましておめでとうございます!
今日やっと年賀状を買ったという、相変わらずな感じの私ですが、今年一年もどうかよろしくお願いいたします!
最近プリンターが紙を吸い込んでくれないので、一枚一枚、手書きで頑張りまっす(笑)

昨年は、
「人生こんなに楽しくてよいのだろうか?」
と心配になるくらい、お仕事が充実した楽しい一年でした。

私は宣伝と自分の記録用を兼ねてこのブログに毎年演奏会案内のページを作っているのですが、実際表向きにデデンと宣伝している演奏会の数はそんなに多くはないのです。
でも、新しい人間関係ができたり、いろいろな曲との出会いがあったり、コンクールでの伴奏のお仕事が増えたり、アンサンブルや伴奏でフルプログラムを演奏させてもらえたり。
着々と「自分が本当にしたい仕事」の率が高くなってきました。
教えることでは、これまでに悩んできた経験が活かせる機会も増えてきて、なんだかしみじみと嬉しかったり。

クラシック音楽という魅惑的な底なし沼に足を突っ込んでいる限り、一生勉強し続ける人生です。
40歳を目前にして、
「自分の成長と衰えの±がプラスであれるのは、あと何年くらいなんかなぁ?」
と心配にもなりますが、とにかく、きちんと将来に向けて積み上げつつ、今現在も羽ばたける一年にできたらいいなと思っています。
がんばれ私!

え〜っと、今年のささやかな目標(願望?)は、いろんなとこにお出かけすること。
私は基本的にお家大好きで、たまの休日は家に閉じこもって何もせずに過ごしたい派。
なので、忙しくなると特に、仕事以外では引きこもりです。
でも、今年はちゃんと自分で時間を作って行ってみたいところがいっぱい。
吉本新喜劇とか、お芝居とか、落語とか、文楽とか、歌舞伎。
よく考えたら、ステージ系のものばっかりだ。
「行ってみたい!」という気持ちだけで詳しいことは何も知らないので、オススメがあれば、教えていただけると嬉しいです!

お出かけしたいと言いつつ、編み物と練習とのほほんで過ぎ去ったこの二日間。
超シアワセです。
あぁぁ、でもあと1日で三連休が終わっちゃう・・・。

これは、さっき片方だけ編み上がったスパイラルソックス。
世の中には、靴下を片方編んで、もう片方を編むのがめんどくさくて嫌になっちゃうSSS(セカンド・ソックス・シンドローム)という病気があるそうな。
そうならないうちに、急いでもう片方を軌道に乗せなきゃです。
この分だと、明日もヒッキー決定だな(笑)

スパイラルソックス



2017年の演奏会のご案内

Posted by музыка on 02.2017 HP   0 comments   0 trackback

2017/12/2(土)
アンサンブル・ポシェット 30周年演奏会


ローゼンブラット:2つのロシア民謡によるコンチェルティーノ

鎌田 純子 & 吉久 夏子(連弾)


♪ご来場ありがとうございました♪

2017/1/21(日)18:30開演(18:00開場)
Gemütlich Ensemble 50回記念演奏会


Gemütlich Ensemble 50回記念演奏会

ピアソラ:ブエノスアイレスの四季

エル・おおさか(大阪府立労働センター)地下1階 プチ・エル

入場料:2500円

2017/5/7(日)15:00開演
資料館コンサート


ブラームス:チェロ・ソナタ第2番 より
メンデルスゾーン:アンダンテとアレグロ・アッサイ・ヴィヴァーチェ
ガーシュイン:ラプソディ・イン・ブルー

時本 野歩(チェロ)
古園 恭美 & 吉久 夏子(連弾)

島本町歴史文化資料館

2017/10/1(日)14:00開場 14:30開演
時本 野歩 第5回チェロリサイタル


詩が聞こえる2017

岡村 星見:ドール<初演>
委嘱作品〜ヴァイオリン、チェロ、ピアノのための

ブラームス:チェロとピアノのためのソナタ第2番 へ長調 作品99

時本 野歩(チェロ)
時本 さなえ(ヴァイオリン)
吉久 夏子(ピアノ)
岡村 星見(作曲)

兵庫県立美術館 ギャラリー棟1階アトリエⅠ

前売り 2500円
当日 3000円
高校生以下 1000円


 HOME 

Contact〜お問い合わせ

♪お問い合わせはこちらからどうぞ♪

Search This Blog

Archive

Counter