蓄積

Posted by музыка on 16.2016 日々徒然   0 comments   0 trackback
私はここ数年、高校の保育専門コースのピアノ指導をしているのですが、一時期多すぎて困っていた保育コース希望者が最近減っているらしいです。
実際のところはどうなのかわかりませんが、
「きっと、メディアが保育士さんのお給料が低いことを盛んに報道するからじゃなかろうか?」
というのが保育コースに関わっている現場の先生方の想像です。

確かに、高給ではないかもしれません。
だけど、フリーランスの私にとっては、それまでゼロだった収入がきちんと雇用されて一定額になるって、すごいことやと思うのです。

私は、大学時代にバイトでコツコツ貯めたお金をはたいてモスクワでのサマーセミナーに参加するための費用と飛行機代を出したので、その結果、留学から帰ってきた時の銀行の残高は3ケタでした(笑)。
海外に6年間いたせいで日本での仕事の繋がりはほぼなく、文字通り収入ゼロからの出発。
0が1になり、2になり、3になり・・・。
私にとっては、仕事というのは徐々に増えるもの。
初任給でいきなりポーンと十数万円の収入がいただけるやなんて、夢のような世界です。

何事にも「その日、その時」というのがあると思うので、私の場合は、あまり忙しくなかったからこそ母の闘病生活を支えられました。
家族全員がフルタイムで働く中での看病だったら、おそらく家の中は想像を絶する大変さやったはず。
母が亡くなった時も、わんこが亡くなった時も、きちんと看病して看取ることができたのは、きっと、神様がどこかでうまく吉久家のバランスを取ってくださってたのでしょう。

そして卒業からちょうど10年の今、いろんな方からお仕事の声をかけていただけて、気がつけば来年も結構本番が入っていて、手帳が全然真っ白じゃない(笑)!
年末年始は本番がないし暇やからゆったりしようと思っていたのですが、譜読みに追われること必至です。
なんだか嬉しい悲鳴。
お仕事依頼のメールが来て手帳の来年の欄に書き込む度に、しみじみと、感謝の気持ちが湧いてきます。
ソロよりアンサンブルの方が大好きな私に、一緒に演奏する機会をたくさん与えてくださって、みなさま本当にありがとうございます!


さぁて、今週末は学校公演!
クラリネットとチェロとピアノのトリオです♪
イベールの間奏曲やらベートーヴェンの街の歌やエリーゼのために、サン=サーンスの白鳥、などなど。
普通の高校生やと、きっと自分からクラシックの演奏会に足を運ぶ子はひと握り。
演奏会の方から自分のところへ来てくれるって、私が高校生やとしたら、なんか嬉しい企画やなぁ、と思います(笑)

それにしても、やっぱりベートーヴェンは奥が深くて難しい・・・。


 HOME 

Contact〜お問い合わせ

♪お問い合わせはこちらからどうぞ♪

Search This Blog

Archive

Counter