言いまちがい

Posted by музыка on 28.2016 日々徒然   0 comments   0 trackback
我が家の愛すべきわんこ、ティンセル君。
先日軽いぎっくり腰になりました。
座ることも寝ることもできず、わんこも傍で見ている私もオロオロ。
獣医さん曰く、犬自身も自分の身に何が起きているのかわからず、どうすればいいのか困っているのだろう、とのこと。

私も心配で、なるべく目の届くところにいてほしかったので、いつもはわんこ抜きでレッスンをしている生徒ちゃんに、
「ティンセルはぎっくり腰っていう病気やねん。今日だけレッスンの時に一緒にお部屋に入れてあげたらあかんかなぁ?」
と訊くと、YES/NOを答える前に開口一番、
「え?びっくり腰?」
と聞き返されました(笑)
そこからは完全にその子の中では「びっくり腰」になっちゃったみたいで、どれだけ訂正してもびっくり腰のまんま。
まぁ、腰がびっくりしちゃったわけやから、もうびっくり腰でいいや、と私も諦めました(笑)

びっくり腰の原因はおそらく、私が先日のチェロリサイタルの本番の日、朝から晩まで留守だったストレスによるものなのですが、ここで生徒くんの言いまちがい第2弾!
演奏会を聴きに来てくれた生徒くん、お家でその話をしていたら、いつの間にやら頭の中で「チェロリサイタル」が「ピアノとチェリーのコンサート」に入れ替わってたもよう。
チェロを至近距離で聴いたのなんてきっと初めてやもんね。
つい身近な物の名前と勘違いしちゃったんやね。
でも、それにしても、あのでっかい楽器が「チェリー」になるやなんて、可愛すぎる変身っぷり(笑)

そして、また別の生徒くん。
レッスン後に一緒にすごろくをして遊んでいた時のこと。
ある地点に止まるとミッションの書かれたカードを引くのですが、生徒くんが引いたミッションは、早口言葉の「かえるぴょこぴょこみぴょこぴょこ・・・」を言うこと。
この子はまだ舌足らずでカ行がうまく発音できないので、そこで出てきた言葉は、
「あえるぴょぴょぴょぴょ、みぴょぴょぴょぴょぴょ、あわせてぴょぴょぴょぴょ、みぴょぴょぴょぴょ」

もう、傍にいたお母さまと私とで大爆笑。
こんな可愛さで笑えることなんて、あと1年経ったらきっともうない、今だけの宝物です!

ピアノの先生としての大先輩から、
「こどもにとって、ピアノの先生は本当に小さい頃から傍にいて、親の次くらいに長い付き合いやから、反抗期になったら大変よ〜」
と言われたことがあるのですが、反抗期が来たら、今この時のこの可愛らしさを思い出して頑張っていきます!
って、まだ気が早いかな(笑)



 HOME 

Contact〜お問い合わせ

♪お問い合わせはこちらからどうぞ♪

Search This Blog

Archive

Counter