老後の心配

Posted by музыка on 20.2014 コンサート   0 comments   0 trackback
今日は週に一度の休日!
なのに今日のミッションは、植木屋さんが消毒と剪定に来てくれて、アイロンがけして、車のディーラーへ行って、その帰りに酒屋へお使いへ行って、あとは時間があったらトイレ掃除、と主婦やないのに主婦っぽい・・・。
なんだかちょっとビミョ〜な気分です(笑)

最近プライベートで色々ありまして(相談にのってくださったみなさま、ありがとうございました!)、
「私これから先の人生どうやって生きていきたいんかなぁ?」
とこのひと月ほど、めちゃめちゃ悩んでおりました。
悩みが悩みを呼び、という感じで、最後には自分の老後の心配まで始めてしまい・・・。
頑張って貯金しなきゃです。


来月20日に、久しぶりにJR高槻駅前の歌笛堂さんで演奏させていただくことになりました。
石原千歳さんという歌い手さんの伴奏です。
8月6日に岡崎での彼女のリサイタルで私が伴奏させていただく予定なのですが、なんせ私は彼女の演奏や感情表現が大好きで、どうしても私の周りの人たちにも彼女の歌を聴いていただきたかったので、私から企画を持ちかけて実現!

歌って、あんまり日常的ではないシチュエーションの歌詞が多くて非現実的、と思ったことはありませんか?
だけど、彼女の演奏は繊細な感情のひだを丁寧に歌い込む感じで、一つひとつの想いに裏付けがあり、なんだか全然不自然さが無く、すんなりと心に吸い込まれる感じ。
バロックから日本歌曲まで、有名どころのオペレッタから超マイナーな歌曲まで、いろいろ。
もちろん、歌笛堂さんの美味しいお菓子付きです!

1曲だけですが、私もソロを演奏します。
ブラームスの6つの小品、作品118より第2番。
昔から聴く度に涙が出るほど大好きな曲です。
生涯独身だったブラームスが、亡くなる数年前に書いた作品。
限りなく優しくて、限りなく哀しくて。
こんなことを言うと曲の雰囲気が壊れてしまいそうですが、ブラームスさん、独りで老いていくことを実感してはったんやろなぁ、というのが聴こえてきます。
歌笛堂さんのピアノはブラームスにピッタリの楽器であるということもありますが、何よりも、今どうしてもこれが弾きたくて選びました。

先着25名なので、もし来ていただける場合はお早めにご連絡をお願いいたします!
とにかく、是非彼女の歌を聴いていただきたいです!

2014/7/20(日)14:00開演(13:30開場)
日曜の昼下がり〜ちょっと優雅なひとときを〜


昼下がりチラシ

A.スカルラッティ:すみれ
J.S.バッハ:コーヒーカンタータ より
高田三郎:啄木短歌集 より
メンデルスゾーン:歌の翼に
J.シュトラウス:喜歌劇「こうもり」 より
ブラームス:6つの小品 作品118-2 他

石原 千歳(sop)
吉久 夏子(p)

歌笛堂
2200円(お茶・お菓子つき)
要予約(先着25名さま)



回転率

Posted by музыка on 10.2014 日々徒然   0 comments   0 trackback
このところの気温の上下に身体がついていかず、先週風邪をひきました。
「またですか!?」という声が聞こえてきそう・・・。
そう、またなんです(涙)

土曜日に大事な本番があったので、そこまではなんとか身体をなだめすかし、本番後に耳鼻科へ行ってきました。
土曜午後に診察しているところってすごく少なくて、「高槻 耳鼻科」で検索して出てくる病院の中では、ざっと見てもたった1軒のみ。
まぁ、他に選択肢はないということで、トップヒットで出てきた病院に行ってきました。

駅近やし、清潔やし、看護婦さんしっかりしてはりそうやし、すごくはやってそうやし、
「これは悪くないかも!」
と思って待っていたら、自分の番に。
でも、お医者さんの診察の態度を見ていて、
「こんなとこ、もう二度と来るもんか!!!」
と思いました(笑)。

まぁ、私は人見知りな上に好き嫌いが激しいという欠点があるので、要はそのお医者さんが好かんかっただけやろ、と言えばそれまでかもしれませんが、自分がベルトコンベアーに乗せられた「物」のような気がして、とにかく腹が立った!
そりゃ、次から次へと患者さんがやって来るんやから、そこまでじっくりと一人一人に時間をかけてられないのはわかります。
だけど、患者ときちんと向き合ってないのが丸わかり。

「病院に行く時には一番いい服を着て行きなさい」
という母のお説教が身にしみた・・・。
この日の私は、普通にTシャツにジーパン、本番後に化粧を落としたからノーメイクやったしなぁ。
まぁ、診るに値しない患者だったということでしょう。

以前、友人がネットの口コミがとても良かった婦人科の女医さんの病院へ行ったら、あり得ないくらい冷たい人やった、と言ってたことがあります。
今のご時世、ネット上で自分をどういう風に見せるか、その上手い下手がビジネスに直結してきますよね?
その点、病院も音楽教室も一緒やなぁ、と。
お金を払えば、検索した時に上位に来るようにできるんやし、お金をかければ感じのいいホームページを作れる。
だけど、そんな上辺は実際の中身とは何の関係もない。
流行ればいいってもんでもない。

「私は中身で勝負や〜!」
と言えるほど自分に自信がないのが残念ですが、とにかく自分に恥じない仕事の仕方をしていかにゃならんなぁ、と改めて思いました。
すこ〜しずつ、コツコツと、頑張ります。






 HOME 

Contact〜お問い合わせ

♪お問い合わせはこちらからどうぞ♪

Search This Blog

Archive

Counter