±0

Posted by музыка on 31.2012 日々徒然   0 comments   0 trackback
かなり久しぶりの更新です。
これまでは、スポンサー広告が出たら慌てて新しい日記を書いていたのですが、今回はなんだか精神的に余裕がなく、ずっとほったらかしでした・・・。

近況報告というにはあまりにも時間が経ち過ぎていますが、今年は新年早々、7日に本番でした。
来てくださったみなさま、ありがとうございました!
正直、お正月ボケの残っている頭と身体に鞭打っての本番はなかなかキツかったです。
これからは、年始の演奏会はなるべく1月後半に入れよう・・・。

でも、このヴァイオリンデュオの演奏会、合わせの時からすごく面白かった!
ヴァイオリニスト2人+私、の計3人の組み合わせ。
片方のヴァイオリニストは、大学時代いつも一緒に弾いていた友人。
もう1人のヴァイオリニストとは初対面。
そうすると、いくら私の友人ヴァイオリニストが小さな音で弾いている部分でも、私の耳は彼女の音を中心に聴いていて、初対面ヴァイオリニストの音が追えない。
なんだかすごく不思議な感覚でした。
人の聴覚って一体どんな構造になってるんやろ?

私の1月のメインイベントは、この演奏会と、車検と、レッスン室の模様替え+ちびっ子用の教材考案と、友人の発表会に生徒を数人出してもらったことでした。
きっと、テキパキとした人にとってはなんでもないことだとは思いますが、私は優柔不断なので、ほんと悩んでる時間が長かった・・・。
でも、車検中も事故ることなくちゃんと代車で生活できたし、新しい家具が届いてやっと楽譜とCDがきちんと整理整頓されて収納できるようになったし、かなりちびっ子の理解度が上がる教材ができたし、発表会では生徒たちがしっかり弾いてくれたし、とりあえず一安心で、肩の荷が下りました。

ところが・・・
やっぱり人生は甘くない。
油断大敵ですな。

発表会の前日、初めての場所に車で行くことになりました。
行き方は電話で説明してもらってメモってはいたのですが、ウチの車にはナビがついてるし、まぁ、なんとかなるやろ、ときっちり地図を確認せずに出発、ナビのルートも特にチェックせずに推奨ルートに設定。
それが間違いの始まりでした。
地道で行ける場所やのに、標識をきちんと見ていなかったため、気がついた時には高速の入り口。
どうにも引き返せず、仕方なく次の出口まで乗ることに。
というわけで、亀岡まで行ってしまいました。
とほほ・・・。

物心ついた頃からの筋金入りの方向音痴なので、これまでに迷った経験は数知れず。
その度に迷い先から大泣きして家に電話をして、母に道を説明してもらっていました。
せやのに、もう家に電話しても誰もおらへんやんか、と思うと無性に泣けてきて、自分がどこにおるかもわからへんし、目的地を自宅に設定し直して、用事をほっぽりだして家に帰ろうかと思ったくらい。
やっぱり車の運転はキライです。

そして、発表会の翌日。
朝、仕事に行こうとしたら、カバーをかけるのをサボったせいか、前日夜には十分残っていたはずの電動自転車のバッテリーが切れる寸前。
なんとかバスに飛び乗ったものの、乗りたかった新快速には間に合わず。
次の各停に乗ろうとホームに並んでいたら、ホームの反対側に並んでいたみたいで、各停が来たことにさえ気づかず。
友人から電話がかかってきて話していたら、乗った電車は間違った電車、ドアが閉まる寸前に飛び降り、なんとか最初の予定の一本後の新快速に乗ることができました。
ここまで自分の判断がことごとく外れることってめったにない!
自分でもビックリです。
とりあえず、仕事でミスをしなくてよかった~。

これが昨日の出来事。
自分ではあまり感じていなかったものの、かなりお疲れだったのね。
死んだように昼寝して、死んだように夜も眠り、ようやく元気回復です!
11月末に風邪をひいて咳が止まらなくなってから弱気になりがちで、自分をしゃんと真っ直ぐに保っているのがツラいことが多かったのですが、最近やっと顔面神経痛も治まり、前に進む気力が出てきました。

今年の目標は、とにかく「自分のために生きる!!!」です。
家族だってもちろん大事。
でも、みんな大人やもんね。
自分でできることは自分でしてもらい、私は今年こそはしっかりがっつり音楽に取り組みたい。

「自分の蒔いた種を自分で刈り取る」
しんどい時はそう自分に言い聞かせて、いい種をいい土壌に蒔いて、いい収穫ができる一年にするぞ!

と、いかにも私らしく、ひと月遅れの所信表明でした(笑)




 HOME 

Contact〜お問い合わせ

♪お問い合わせはこちらからどうぞ♪

Search This Blog

Archive

Counter