節約と浪費

Posted by музыка on 27.2011 日々徒然   0 comments   0 trackback
先日父にこんなことを言われました。
「お前はお父さんにはお菓子とかいろいろ分けてくれるけど、他の人に対しては、食いもんのことではケチやな」
そんなこと言われたって、ねぇ。
あげるってことは、自分の分が減るもんねぇ。
でもね、私、一緒に食べた方が楽しい人とはちゃんと分け分けしてると思うんやけどなぁ・・・。
まぁ、どちらにせよ、食い意地が張ってるのは事実です(笑)。

ついつい仕事の帰りに出来心でスーパーやデパートに寄ってしまい、お菓子やビールを買っちゃうのは別として、基本的には私は日常生活では節約家です。
電車の切符だってちゃんと回数券を使い分けてるし、欲しい物があっても衝動買いはめったにせずに、ちゃんと頭を冷やしてから買うし、飲み物は水筒に入れて家から持っていくし、なるべく外食せずに遅くなっても家で食べるし、本はまずは古本屋さんで探すし・・・等々。
その割にはブログでお買い物ネタが多い気がしないでもないのはご愛嬌。
たまに買うから、嬉しくてどうしても書かずにはいられないんです(笑)。

そんな私が一大決心をして、只今恐ろしくなるくらい浪費中。
その理由は・・・
模様替えです。
それとも引っ越しと言うべきか。

私が今の高槻の家に越して来たのは高校生の時。
その時は、将来私がどんな風に生きていくかなんて、私自身も、そして両親もきっと考えてなかったと思います。
(両親の計画では、もっと早くにお嫁に行ってる予定やったやろなぁ。
友人の連れて来てくれる子どもにメロメロの父を見てると、なんだか罪悪感を感じる今日この頃です。)
私の部屋には、グランドピアノの入る防音室と、机、クローゼット、オーディオ、ベッド等、まぁ生活に必要な物が全て置かれてた感じ。
そして、そのまま時が過ぎ、帰国して自宅でレッスンするようになってからも、私の部屋はレッスン室であると同時に私の寝室であり、生活スペースでした。

口コミで来られた生徒さんの場合は、私のことをある程度は聞いてから来てくださってるからまだいいのですが、ネット経由で初対面の方に体験レッスンに来てもらうのに、プライヴェートスペースに案内するのがなんだか恥ずかしいやら申し訳ないやら。
レッスン室らしいレッスン室で気持ちよくピアノを弾いてもらいたい!というのが、ここ数年の私の夢でした。
もう、悲願と言ってもいいくらい。

そんなことを言っても、ドラえもんはいないし、ハリー・ポッターのような魔法の世界でもないし、部屋の数が増えるわけもなく・・・。
それが、今年の夏、末の弟が一人暮らしを始めたことで弟の部屋が空いたため、これを機に私の寝室をそちらに移すことにしました。
私がその部屋を使うということが弟が帰ってくる居場所を奪うことのようで、少し抵抗感はあったけれど、背に腹は替えられず。

そして今、お引っ越し計画真っ只中です!
本棚とベッドを弟の部屋に移し、楽譜編集用にパソコンとプリンターを買い、家具を注文し、冬に備えて空気清浄機まで購入。
あと必要なのは、楽譜作成ソフトと、CDプレイヤーと、本棚と、譜面台と・・・、何だっけ?
普段は数十円単位で節約してる私が、金銭感覚が麻痺してるようで、すごい額の買い物をしてしまってます(涙)。
どうしよう~。

レッスン室というハコは着々と整っていってますが、中身が伴わないと意味がないので、お引っ越しが一段落したら、先生業のテクニックを磨くべく、しっかり勉強したいと思います!!!








 HOME 

Contact〜お問い合わせ

♪お問い合わせはこちらからどうぞ♪

Search This Blog

Archive

Counter