夢みる夏子さん

Posted by музыка on 24.2010 日々徒然   0 comments   0 trackback
ご存知の通り、私は睡眠時間が長いです。
短い方が一日を有効に使えるから、と睡眠時間短縮を図ったこともありましたが、必ず病気になります。
オルガンを弾いていた頃は、朝6時起床、7時から学校で練習、授業やらレッスンやら練習やらを終えて帰宅すると夜11時の毎日。
その時は腰を痛めたり食中毒になったり風邪ひいたり、いろいろ大変でした。
そんなこんなで、「睡眠時間は削るな!」というのが私のモットーに。

たくさん寝るということ=たくさん夢をみるということ(?)で、とにかく小さい頃からいろんな夢の記憶があります。
未だに忘れられないのが、ナレーション入りの夢。
「それはある冬の朝だった・・・」
みたいなナレーションが入って、景色がズームになったり。
一体どんな夢やねん(笑)。

夜中にふと目が覚めると、自分の布団の上でゴキブリとカマキリが相撲をとってた、という夢もあったなぁ。
一体どこからそういう発想が出てくるのか、自分でも不思議です。

そんな私が小さい頃からよくみて、大嫌いなのが、空襲の夢。
空の向こうから飛行機が編隊を組んでやって来て、私の周囲の建物に爆弾を落としていきます。
実際自分に当たって死んだことはないんやけれど、空襲の中を逃げまどい、
「次は自分の所に落ちるんやないか」
という恐怖感にうなされて汗びっしょりで目が覚め、
「よかった!夢やった!」
とホッとする。
これが現実やった時代に生きた人たちはどんなに大変やったやろう、と現代に生まれたことを本当にありがたく思う瞬間です。

すごく後味の悪かったのは、蛇を撃ち殺した夢。
これもうなされましたが、蛇が出てくる夢というのは縁起がいいそうな。
ほんとかなぁ?
つい最近は、いろんなサイズの蛇に次から次へと噛みつかれ、その度に手錠抜けみたいに蛇の牙を外していく、という夢をみました。
これは一体どんな意味があるのか?
どなたか夢判断をできる方がいれば、教えてください!


さて、今晩もまた夢をみてきます!
おやすみなさい。



 HOME 

Contact〜お問い合わせ

♪お問い合わせはこちらからどうぞ♪

Search This Blog

Archive

Counter