全・面・勝・利!!!

Posted by музыка on 19.2009 日々徒然   4 comments   0 trackback
実は、ワタクシここ数日戦っておりました。
誰と?
---ソフトバンクと。

仲の良い友人にソフトバンクが結構多い+話が長い+遠距離友情が多い、ということでいつかソフトバンクに乗り換えよう、と思っていたところ、ラズベリーヨーグルト色の最新機種に惚れたのを機に、この日曜日に計画を実行に移しました。
ソフトバンクのホームページで高槻のショップを調べ、最寄りの店舗でお買い上げ。
○○のオプションに○ヶ月間加入すると、全機種頭金7350円が無料になります、と言われ、私には全然必要ないもので、おまけにお金もかかるけれど、7350円よりかはお得かな、と思い加入。

晴れてただともになった友人に電話すると・・・

「なっちゃん、ソフトバンクは頭金0円なんやで」

え~っ???
一体どういうこと?
私が受けた説明は何やったん?

機種代は30720円也。
1280円×24回払いの割賦で買ったのですが、計算したら・・・

頭金7350円って一体何のためやねん???
という結果になりました。
お店で計算しなかった私もバカですが、でも、これって、騙された?
その上、さもお得かのように説明されたオプションが、実は2ヶ月間は誰にでも必ずついてくるものだということも発覚。
なんで~?
あれだけCM流しまくってる天下のソフトバンクやろ~?

腹を立てている私のところに友人からこんなものが届き、怒り倍増。
ただともになったのをよいことに、電話で対策会議、というか悩み相談室開始です。
どういう風に言えばいいのか教えてもらって、翌朝一番にソフトバンクに電話しました。

事情を説明すると、
「オプションは今すぐにでも外せますが、それによって店舗との違約金が発生しないという保証はできません」

購入店舗に問い合わせてもらうと、
「違約金は発生しませんが、店舗とお客様との契約内容ですので、加入されたオプション料金はお客様のご負担になります」

詐欺まがいのことをされているのに、何故私が料金を払わなければいけないのか?と尋ねると、
「代理店によっては頭金を設定しているところもございまして・・・。オプション料金負担に関しましては、お買い上げ店舗の方から直接お客様にお電話差し上げます」

これを断固拒否。
私の脳ミソじゃ、店舗側に丸め込まれて泣き寝入りに終わるのが目に見えてます。
店舗との交渉はそちらでよろしく!というところで一日目終了。

そして二日目。

また人生勉強のお月謝払って泣き寝入りなんやろなぁ、と思っていたら、
「ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。今回店舗の説明・販売方法に問題があったということで、お客様のオプションは契約日に遡って解除、かかった費用は引き落としの際に調整させていただきます」
とのこと。

え?
こんなにすんなり非を認めてくれるの?
もっと戦わなきゃいけないと思ってたのに。
普段は、走り去る運命の女神を必死で追いかけて服の裾を捕まえにダイビングキャ~ッチ!無理やり振り向いてもらう、というタイプの私は、こんなに簡単に女神さまに微笑まれたら気味が悪いくらいです。
友人によると、ソフトバンクはめったに謝らないそうな。
その上、私の全面勝利。
昨日と今日の間に一体何が起こったんでしょうね???


今回ソフトバンクのお客様センターとのやりとりで疑問に思ったのは、同じ看板をあげて商売をしているにもかかわらず、センター側は店舗側を「ソフトバンク」としてではなく「代理店」として考えているということです。
簡単に言えば、
「それは代理店が勝手にやってることやから、俺には関係ねぇ」
みたいな。
消費者にとっては、代理店だろうが直営店だろうが、ソフトバンクはソフトバンクなのに。

私が買ったのは、JR高槻駅前、アルプラザの裏手の高槻西口店。
買ってからわかっても後の祭りですが、本当に汚い手口です。
自己防衛として、高槻で購入を考えておられる方は、この店舗は避けてくださいね。





あちゃ~

Posted by музыка on 16.2009 日々徒然   4 comments   0 trackback
中学・高校・大学、と通学にはJR大阪環状線外回りばかりを利用してきた私。
大阪~鶴橋間の駅名は全部言えますが、あとはサッパリ、です。

今日は、仕事で珍しく内回りに乗りました。
「次は弁天町~、弁天町~」
というアナウンスが聞こえると、後の方でキャッキャと遊んでいたちびっ子二人が、
「つぎは、べんべんちょ~!」
と嬉しそうに言って、弁天町で降りていきました。

この子達には「べんべんちょ~」に聞こえてるのかなぁ、それとも本人達はちゃんと「べんてんちょう」と言ってるつもりなんかなぁ。
なんかその舌っ足らずぶりがめっちゃ可愛くて、思わず一人で微笑んでしまった私。

そういや、うちの弟たちもよく変なこと言ってたっけ。
「てんばばし」(=天満橋)
「あやまどり」(=雨宿り)
とか、
「お腹いっぱいやから腹ごしらえに歩こ」
とか。
かく言う私も、京阪電車の
「香里園~、香里園~、成田山不動尊前です」
をず~っと不動産屋さんと勘違いしてたっけ。

と記憶を辿っていくと、なんか友達に爆笑された勘違いの記憶がぼろぼろと甦ってきます。
ってことは、私のはただの天然ボケ・・・。
これ以上思い出すのはやめとこう。

こんな私ですが、末永くよろしくお願いします。


中休み

Posted by музыка on 08.2009 日々徒然   2 comments   0 trackback
6月に入ってからず~っと、リポビタンDのCMを地で行くような毎日でした。
どういう意味かって?
登っていく足元から崖が崩れていくような、吊り橋の片方がちぎれて陸に向かって必死こいて走っているような・・・。
次から次へと迫り来る本番に追われて、休日ゼロ。
こんなに必死で練習したのって初めてかもしれません。

今週水曜日には、友人ヴァイオリニストと岐阜のハンガリー・リスト音楽院のマスターコースを受けに久々の遠出。
ヴァイオリンの先生のレッスンなので、私はオマケっちゃあオマケですが、ハンガリーの作曲家バルトークの作品をハンガリー人の先生にレッスンしてもらえるやなんて、感激です。
あと、ホールでのレッスンだったので、ピアノも音響も良い環境でリラックスして弾けたのが嬉しい!

2時間みっちりレッスンを受けた後、晩御飯へいざ出陣。
毎晩11時まで練習している身には、夜7時半やそこらで焼き鳥を囲んでビールで乾杯!なんて久しぶり。
夕食後もコンビニでビールとおつまみを買って帰って、友人とテレビ見ながらおしゃべり。
こんなフツーのことがめっちゃ幸せで、何をしに来たのか忘れそうでした。

翌日は、昼過ぎのコンサートに出るだけの予定が、急遽レッスンに呼び出されて弾くことに。
レッスン後すぐにタクシーで会場に駆けつけ、なんとか本番を終えることができました。
コンサート後、ピアノのレッスンを聴講したかったけれど、少し聞いたところで見事に燃料切れ。
岐阜2日間の旅、終了、です。

そして、金曜日は久々のオフ!
次の本番は2週間先なので、やっと「今日一日練習サボったらゲームオーバー」状態から解放されました!
この週末は、仕事をしつつ遊びつつ、楽しく過ごすぞ~。
楽しんでるとバチが当たりそうな気になってしまう自分がなんだか悔しいなぁ・・・。


それにしても、この2ヶ月間のハードスケジュールにはめっちゃ鍛えられました。
ちょっと本番の緊張感にも慣れたかな。
でも、舞台上で自分を解放してあげるのって、本当に難しいですね。
今回得た経験を次回活かせるように、来週からまた練習頑張ります!





 HOME 

Contact〜お問い合わせ

♪お問い合わせはこちらからどうぞ♪

Search This Blog

Archive

Counter