Natsuko Yoshihisa

スポンサーサイト

個性と呼んでいいものか・・・

日本ではよく、「なっちゃん、変。」「変ってどこが~?」「っていうか変わってる。」と言われてましたが、モスクワでは"Нацуко, ты немножко странная." (ナツコってやっぱちょっと変だよね)"Почему ты так думаешь?" (なんでそう思うんよ?)"Как сказать... Наверно ты оригинальная." (なんていうか、たぶん独特なんやわ)結局どこへ行っても言われることは同じなんですね・・・。ほんと、これって褒められてるんだか、...

私って?????

昨日大学時代の友人達と飲んできました。話の流れから枕の話になり、ふと思い出した私が上海博物館で撮った変な枕の写真を見せたところ・・・「これ、なっちゃんの枕?どこで買ったん?」えぇぇぇぇぇ~~~~!?どうして私がこんな枕で寝ると思うの?「なっちゃんなら有り得るかな、と思って。」一体私はどんな目で見られているんでしょう。確かに周囲とはどこかズレている私ですが、流石にこんな枕は買いません!!!ロシアにこ...

調律師さんに感謝!!!

これまでの人生で私が所有したグランドピアノは二台。一台はかれこれ20年のお付き合いのカワイKG-3、もう一台はモスクワで6年間共に過ごしたグロトリアン・スタインヴェークです。グロトリアンの方は、製造番号から考えて1910年代のもので、象牙鍵盤でした。ピアノの規格が確定していなかった時代らしく、白鍵の幅は現代と変わらないものの黒鍵の幅がかなり広めで、指を切って包帯を巻きながら練習していた時にはケガをした指...

広告の力

6年間のモスクワ生活で今の日本ではおそらく考えられないような経験をたくさんしましたが、その中から前回の話と関連するものをひとつ: ずっと音楽院の寮に住んでいた私は、必要最低限の電化製品しか持っていませんでした。 音楽を聴くためのコンポは必需品、台所が遠いため部屋でお茶を入れるのに大活躍の湯沸しポット、しょっちゅう霜取りをしてあげないとかまくらのようになってしまう冷蔵庫、先輩から譲り受けたトースター、...

ウラディーミル・ガルージン

去年のサイトウ・キネン・フェスティヴァルにも出演していたテノール歌手、ウラディーミル・ガルージンのインタヴューを読んでいて、面白かったので、一部載せてみます:現在、観客にとっては音楽家の質よりも、知名度の方が重要だ。私はよく、とっくに年金生活に入っていた方がいいような往年のスター歌手達と共演するが、彼らの声よりも膝がガクガク軋む音のほうが大きいくらいだ。しかし、観客は、まるでつんぼのゾンビであるか...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。